レディースならではのオシャレな名刺入れ

社会人になったら、自分用の名刺入れを用意しておく必要があります。名刺交換する時に相手に見えるものなので、適当なものを選んでしまうと自分の格を下げてしまう可能性があるので注意が必要です。安いものでも入れ物としての機能は果たしますが、社会人になれば持ち物や身だしなみがステータスになることを理解しておく必要があります。ファッションは男性と女性で違うのが当然で、名刺入れもレディースならではのものがあります。女性が好む可愛いデザインやカラー、さらにブランド品などもあるのでオシャレなアイテムとして使うこともできます。ここでは、どんなものがオシャレなのか、選ぶ時に気をつけるポイントは何かについて紹介します。お気に入りの一品を持って、できる女性を演出できるようにしましょう。

女性が好きなブランドが入っている

20代〜30代の女性に支持されているブランドのロゴやデザインが入っているレディースの名刺入れもあります。いかにもブランド品とわかるものだと、新社会人は「生意気な新人」と思われてしまうことがありますが、さりげなく目立たないようにデザインされているものならば、シンプルにブランド感を楽しむことができます。世界的にも人気の革製品のブランド品だと、イタリアのナチュラルレザーで作られているものもあります。ロゴが入っていますが、目立たないように型押しされているのでシンプルに使いたい女性にもぴったりです。目立ちすぎず、それでもブランド品を使いたい女性はシンプルなデザインが施されているものが適しているでしょう。ブランド品というと値段が高そうですが、2万円前後で買えるものも多いです。

カラーで選ぶならおとなし目の色を

レディースの名刺入れはカラーバリエーションが豊富ですが、あまりにも派手な色合いのものを使っていると、目立ちすぎてしまう可能性があります。ベンチャー企業など社風が自由ならばいいですが、お堅い企業に入社した女性ならば、少し控えめのシックな色合いのものを選んだ方がいいでしょう。無難な色を選ぶならば、黒、紺、ブラウン、ベージュがオススメです。特に気にせず使える職場であれば、パステルカラーなど可愛い色もあるのでそれを選んでもいいでしょう。社風や仕事に合うものを選ぶことが大切です。女性の場合はお揃いのコーディネートを楽しみたいという人もいるでしょうから、財布と同じブランドに合わせるのでも良いです。ただし、ハイブランド品だと目立ちすぎるので新社会人は注意しましょう。